POETRY

蟲と僕

ある日僕の部屋に蟲が出た
酷く奇怪で劣悪な姿形に吐き気がした
僕はそいつを必死に潰した
潰れた姿もそれまた残虐で吐き気がした

その日から毎日僕の部屋に蟲が出た
僕は毎日そいつを必死に潰した
嫌なものが潰れていく感覚に
喉に込み上げる妙な快感があった

季節は変わって蟲はいなくなった
寂しさを覚えたのは過去故の美化か
酷く毛嫌いしたそいつさえ
僕の生活の一部になっていたのだ

蟲が僕を攻撃した事はなかった
僕が一方的にあいつの姿形を咎めただけ
初めて僕は僕を客観視した
共存というのは罪が無くとも
美意識の違いだけで排除の対象と
なるらしい

あいつの間違いでも僕が間違いでも無く
ただあいつは赴くまま部屋に現れ
僕は赴くまま殺しただけ

ある日僕の身体から蟲が湧いた
酷く奇怪で劣悪な
それでいてどこか愛らしく
劣悪というのは僕の言い様で
あいつにとって僕は劣悪で
あいつは僕の行動から湧き出た蟲で
それでも敵と見做す感情も事実で
僕が生きている以上
あいつだって生きてるんだ
一方的な殺戮に於ける妙な快感だけは
今じゃ罪悪感
これからは平等に殺し合い
平等に語り合おう

 

制作年 2016/0426
2016-07-30 | Posted in POETRYComments Closed